名古屋国際都市問題研究会
Nagoya International Metropolitan Research Association

since 1975

2005.3.1からの来訪者
カウンター


 名古屋国際都市問題研究会は、名古屋を拠点とし、都市問題を国際的に研究する私的な会です。毎月の研究会では、様々な分野の専門家を招いてお話を伺い、都市問題を多角的に眺めることを通して、将来あるべき都市の姿を模索しています。

まちづくり、高齢化、福祉、医療、住宅、教育、文化、市民活動
治安、防災、交通、運輸、通信、エネルギー、環境、食糧、水


7月例会のご案内

日 時:7月24日(水)18:30〜20:30
場 所:櫻文化サロン( 名駅永田ビル 8F
講 師:高木伸彦 氏(NIMRA会員)
テーマ:「名古屋とやきもの 〜世界にはばたいた陶磁器産業の盛衰と現在(いま)〜」
内 容:

 名古屋の周辺には、1000年以上前からやきものの生産拠点として栄えてきた瀬戸、美濃、常滑などの産地があり、明治期には、近代陶磁器産業のルーツとなる日本陶器が名古屋で誕生しています。7月例会では、なぜ名古屋とその周辺がやきものの産地として栄えてきたのか? なぜ世界有数の陶磁器産業が名古屋で成立し発展したのか? 産地の現在(いま)は? など名古屋圏とやきものの関わりについて、取り上げます。


今年の例会予定

7月24日(水) 7月例会 (担当:高木)
9月14-15日(土日) 緑陰講座 (担当:川村)
10月24日(木) 10月例会 (担当:鈴木)
12月18日(水) 幹事会(18:30〜19:30) 情報交換市(19:30〜21:00)


お問合せ

〒450-0002
愛知県名古屋市中村区名駅3-26-19 名駅永田ビル
櫻文化サロン 気付
名古屋国際都市問題研究会

電話 (052) 581-3371
FAX  (052) 581-3376
e-mail: contact_nimra@yahoo.co.jp