NIMRA 2019年の研究会

2019年総会

日 時:1月23日(水)19:00〜21:00
場 所:リビエール(栄)
内 容:
 2018年の活動報告と決算、2019年の事業計画・予算・役員人事を決定した。
 会長:鈴木 信好

(TOPへ戻る)

2019年3月例会

日 時:3月20日(木)18:30〜20:30
場 所:櫻文化サロン(名駅永田ビル8階)
講 師: 服部 重敬 氏(NPO法人 名古屋レール・アーカイブス 理事長)
テーマ:「NPO 法人設立他 名古屋駅前の変遷など」
内 容

 名古屋鉄道、ボストン美術館等に勤務後、NPO法人 名古屋レール・アーカイブスを設立された講師から、その経緯と名古屋駅前の変遷などについて、お話し頂きました。

@NPO法人名古屋レールアーカイブスの活動
 NPO法人名古屋レールアーカイブスは、個人的に収集された書籍、資料、写真、図面で歴史的な価値があるものが散逸しないように整理保存する為に発足し、寄贈された写真、資料などを、会員が定期的に集まりデジタル化している。
 発足15年の現在、会員36名、悩みは会員の高齢化と資金不足。運営費は年100万円 で、この内家賃83万円が掛かっている。支援会員もあるが、会員の休日ボランティアだけでは作業がはかどらない。若手不足と会員の鉄道に対する好み、考え方の違いがあるのも法人運営の悩みである。

A名古屋駅の今昔
 明治新政府の東西幹線鉄道計画は、当初、東海道筋には水運ある中仙道筋を調査しつつ工事を開始したが、難工事であった為に途中から東海道筋の工事も開始した。中仙道線の建設工事資材運搬の為に長浜ー大垣間と路線と武豊からの半田線を決定し、金山で熱田台地を堀切で横断する過程で中仙道幹線を名古屋経由に変更するとともに東西幹線を東海道筋に変更した。中央線が名古屋を半周する事になったのは東海道線の副路として京都方面へ直進にするためであった。
 東西幹線の完成によって列車本数が増大するにつれて旧名古屋駅(名鉄百貨店〜メルサの辺り)が手狭になり北側に旅客用駅舎を移転すると共に貨物駅を笹島と稲沢へ移設した。旧駅跡地が名鉄と近鉄の共同駅として利用され、現在のミッドランドスクエア他も名古屋市役所に払い下げた後に其々民間三者に払い下げられて、現在の名古屋駅前が形作られた。

(担当幹事所感)
 任意団体であるNIMRAの運営と対比してみれば、NPO法人運営の難しさや、後継者をどの様に今後して行くのかなどなど、法人登記して運営して行くことの難しさを垣間見た。また、今回のお話で、我々の知らざる名古屋駅前の発展の歴史記録の重要性についても改めて認識する良い時間となった。

(文責:SM)

(TOPへ戻る)

(ホームページへ)